ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ

  

  

ファミコン時代

スウィートホーム

恐い系のゲーム。RPG。
5人の人間がある建物の中に入って謎を解く。
生きて帰ってこれるか、みたいな話です。

出てくる敵キャラが他のRPGに比べるとグロかったです。(ページ下でちょっとずつ紹介)

怪物に襲われたり罠にはまったりして、誰かが死んでしまうと体が真っ二つにちぎれたちょっと残酷な絵がでました。壁にべったりくっついて血が広がってる絵とか。
しかも、死んだキャラは二度と復活しません。現実的。

一緒に行動するメンバーの組み合わせを考えたり、アイテムの持ち方を考えたり、いろいろ頭を使うゲームでした。罠にはまった仲間を助けるまでのタイムリミット状態がハラハラします。

私は映画のスウィートホームもビデオで見ました。
映画では生きて帰ってこられたのは5人中3人だったかな?
あとの2人はホラー映画的な最期でした。

めちゃくちゃ怖いゲーム

異次元怪物館

  

ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ

スウィートホームの敵キャラ

・のろいのにんぎょう(呪いの人形)
赤ちゃんみたいな姿

・ひとだま(人魂)
ライオンみたい

・うじむし
大群で現れる(群れ状態で1つのキャラ)
通路いっぱいに広がっていて気持ち悪い

・ドクロヘビ
攻撃する時にどくろの中からヘビがニュッ!と出てくる。

・こうもり
パタパタ飛んでる

・はんしんおとこ(半身男)
半身男であって阪神男ではない。
体が真っ二つにちぎれている上半身だけの男。映画では田口役の古舘さんもこんな状態になるシーンを演じてた。

・つちおとこ(土男)
ゲロ吐いてる

・きょうけん(狂犬)

・どうのよろい(銅の鎧)
ドラクエの防具みたいな名前だが、さまようよろいのような敵キャラか

・ひと
人。しかしただの人ではない。
このゲームの中でも印象深い敵キャラ。

・かべがお(壁顔)

・いきりょう(生霊)

・かがみ

・ナタおとこ
鉈を振りかざして襲ってくる。
ホラー映画ではある意味こういう敵が一番怖い。現実的で。

・ふらんしたい(腐乱死体)
いわゆるゾンビですね

・ゾンビ
ってゾンビはゾンビで別にちゃんとおるんかい
そしてめっちゃ凶暴そう

・ふりむきおとこ(振り向き男)
登場時はあっち向き

・しにがみ(死神)

・スケルトン

・ぎんのよろい(銀の鎧)

・さかさゾンビ
ゾンビが上下逆さになって天井から襲ってくる

・おおかみ

・ドクロゴースト

・きょうじん(狂人)
ナタ男のパワーアップ版

  

ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ