ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代


チャレンジャー


ナイフ投げが得意な主人公が姫を助けに行くゲーム。

このゲームは操作法についての思い出があります。
スーパーマリオのジャンプがAボタンなのに対して、このゲームのジャンプはBボタンでした。Aボタンは攻撃用のナイフを投げるボタン。

こいつには何度も失敗させられました。
ステージ1は走る新幹線の上で敵を倒しながら進んでいくのでが、新幹線のスキマを飛び越えようとしてAボタンを押してしまい、ナイフを投げながら見事に落下。悲しい思い出です。

あと、タマとかいう火の玉のキャラが強敵でした。
ナイフが効かず倒せません。しかも、主人公をどこまででも追いかけてくるのです!必死で逃げました。

ゲームの難易度を一番低い設定にすると、他の敵キャラは出てこなくなるのにこいつだけはでてくるのです。


ゲームクイズ
主人公の名前を聞いてゲームのタイトルを当てるクイズ


チャレンジャー攻略ヒント集

列車のステージ

広大なステージ

洞窟のステージ

最終ステージ

Aボタンでナイフ投げ

ジャンプはBボタン

ゲームの難易度

王女

ドン・ワルドラド

クジラ

アイテムの出し方

でかいナイフ

でかい宝石

カギ

指輪

王冠

敵から逃げる

噴水に乗れず

アイテムにつまずいて転ぶ

トラップ

ミステリーゾーン

アリジゴク

鳥の敵(トリッペ)

車の敵(トビー)

小さいおっさん(オジーズ)

雷雲

火の玉の敵(タマ)

耳が長い敵(モーリン)

ピタロボ

オックスボーン

植物の敵(ケバラ)

ガイコツ(カラ)

ラスボス

ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代
TOPへ