おもしろいサイトの紹介

何もかも嫌になった時

  

  

 

  
教科書 アンダーライン
  
  

 
  
「ミス」をきっぱりなくす本

ミスをゼロ%にする仕事の習慣

ヒューマンエラーを防ぐ知恵

うっかりミスはなぜ起きる ヒューマンエラーの人間科学

失敗の心理学

ミスを防ぎ、仕事をスムーズにする オフィス事務の上手なすすめ方

  

読みかけの本にはしおりをはさみます。

小説など、ただ最初から最後まで読むだけの本はしおりがひとつあればいいですね。

でも資料集などはいろんなページにしおりをはさむことがあります。

小さい紙、付箋を貼り付ける場合もあります。

でもあんまり多くしおりや付箋をつけすぎると、どこが大事だったのかどこが読みたかったのかわからなくなってしまいます。

さらに本の厚みも変わってしまいます。

つけすぎ注意。

そういえば昔、教科書にアンダーラインを引いていったら全部アンダーラインになってしまったことがあります。

重要な部分だけに引かないと、引いた意味がなくなりますね。

ひまつぶし

次のことわざの意味は?

一寸の虫にも五分の魂

鶴の一声

縁の下の力持ち

時は金なり

流れに棹さす

  

記事
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
31 32 33 34 35 36 37 38 39 40
41 42 43 44 45 46 47 48 49 50

何もかも嫌になった


スポンサーリンク