おもしろいサイトの紹介

ものすごく憂鬱な時

  

怖いゲーム
ホラーゲームでチビリそうになったシーン

 

  
アリバイの証明
  
  

 
  
迷宮入り事件と戦後犯罪

世界史迷宮入り事件ファイル

未解決事件ファイル 真犯人に告ぐ

【昭和・平成】 9大未解決事件の真犯人!

迷宮入り!? 未解決殺人事件の真相

もっとすごい! このミステリーがすごい!

面白いサイト

  

(続き:アリバイ調査その2)

正確にいうとジャンケンとは違う「戦争」って遊びでした。
グーが軍艦でチョキが沈没、パーが破裂って言葉になってるゲームです。
MとHは何度も何度もその遊びをくり返していました。

そのことを話せば私たちのアリバイも証明されるだろうし、Mも私のアリバイを証明してくれると思うから心配ないと思っていました。

そして授業時間をつぶしてまでのアリバイ調査が始まりました。
クラスメイトは順番に一人ずつ隣の空き教室に入っていく。一人が戻ると次の一人が空き教室に入っていく。

担任の先生としてはどういうことを考えてこれを行ったのでしょう。
クラスの生徒の中の一人が「盗ったのは自分です」と正直に言うのを期待していたのでしょうか。
ここには先生とあなたしかいないのだから、正直に話していいんですよ、ってな具合で。

それとも、生徒の中の誰かがこのようにやろうと決めたのでしょうか。
クラスの問題は子どもたち自身で解決させる、そういう考えの先生だったのか。
その場合は、担任の先生はそれに協力しただけの立場になります。

どういう形にせよ、事が行われている以上さっさと自分のアリバイを証明して終わらせたいと思っていました。

私の前の席に座っているMが空き教室に入っていきました。
Mの後で私がMのアリバイを証明してあげようと思っていました。

しばらくするとMが戻ってきたので、次に私が空き教室に入りました。

(続く)

ひまつぶし

  

ベートーベンの目が光る

雨格子の館

双子 誕生日が違う

死体の絵

死体の写真

連続殺人事件

ダイイングメッセージ

誘拐 女子大生

危険な賭け

遠隔殺人

嘘を見破る

迷宮入り事件

  

  

グロテスクなゲーム

夏休み 特別番組

ハイドンの肖像画

ホットコーヒー事件

スプーン曲げ

犯人推理

アリバイ調査

アリバイの証明

濡れ衣

お金 紛失

一件落着

どんどん橋落ちた

長いお別れ チャンドラー

  

  

ミステリー・ゲーム

かまいたちの夜

さんまの名探偵

消えた後継者

ヘビーレイン

ポートピア連続殺人事件

オホーツクに消ゆ

ミシシッピー殺人事件

京都龍の寺殺人事件

   

おもしろいゲーム


プライバシーポリシー