おもしろいゲーム

  

スーパーファミコンソフト
僕らが育ったスーパーファミコン時代
TOPへ

 

    
スーパーファミコン
  
僕らが育ったスーパーファミコン時代
  

 

いろいろな怖いゲームの紹介

かまいたちの夜グッズ

かまいたちの夜クイズ

スーパーファミコン
僕らが育ったスーパーファミコン時代
TOPへ

  
初代かまいたちの夜の怖さ

このソフトがスーパーファミコンで登場したのは1994年の冬ですね。

「こんや12じ だれかが しぬ」

強烈なメッセージとともに始まる恐怖。建物に響く悲鳴。
真冬のペンションで一晩のうちに宿泊客が次々と死体となっていく恐ろしい物語。

このスーパーファミコン版かまいたちの夜の登場時、私は本当に恐怖した覚えがあります。

(ネタバレ注意:この下の文章にはゲームの謎解きに関することが少し含まれています。)

  

かまいたちの夜 完全攻略

  

かまいたちの夜グッズ 完全攻略本・サウンドトラック

かまいたちの夜

かまいたちの夜 特別編

真かまいたちの夜 11人目の訪問者

このゲームの発売以前にスーパーファミコンではチュンソフトから「弟切草」というソフトが発売されていました。「おとぎりそう」と読みます。

弟切草はサウンドノベルという新しいジャンルのゲーム第一弾ということでした。
ただ文章を読んでいくだけですが、途中で選ぶ選択史によって物語がいろんな展開に変わっていくという楽しさがありました。

私はかまいたちの夜の発売以前に弟切草をクリアしており、サウンドノベルがどういうゲームなのかをだいたい把握してました。
かまいたちの夜はその上での挑戦だったのですが、そのことが逆に怖い思いをする原因になりました。

その弟切草と同じタイプのゲーム第2弾として発売されたということなので、私はさっそく購入して「かまいたちの夜」をプレイしました。

さて、かまいたちの夜を人から聞いてプレイしたことのある人はこのゲームをどのように紹介されたでしょうか?

まずは「怖い」ゲームだという情報を得ると思います。そして、次に「犯人がわからない」という情報を得る可能性が高いかと思います。

しかし、この「犯人」という言葉が出てきた地点で、このゲームの舞台となるペンションで人が次々と死ぬ奇怪な事件は、
「人間の手によるもの」ということがわかってしまいます。

そうすると、プレイする人は「このゲームは殺人事件が起こって、その犯人を当てるもの」と認識してから始めることになるでしょう。

そして1998年に発売されたプレイステーション版の「かまいたちの夜 特別編」にも説明書にしっかりと
「犯人を当てることができるでしょうか?」と記載されています。お知らせのときも「猟奇殺人」とか言ってましたし。

だが、スーパーファミコン版の登場は違いました。私のところには上記のような情報がありませんでした。
スーパーファミコン版の説明書には「犯人」という言葉は書かれていなかったように思います。

つまり、ペンションで次々と人が死んでいく状況がどういう現象なのか全くわからない状況で、この恐ろしい物語を進めていくのでした。

もちろんゲーム中に主人公は犯人は一体誰なのか?という推理をする場面がたくさんあります。
しかし、他にも幽霊や魔物やプラズマの仕業ではないかなど、登場人物たちはいろいろな可能性を考えます。

「犯人を当てるゲーム」としてプレイし始めた人にとってはバカらしい可能性ですが、そうでない私にとってはゲーム中に登場人物同様あらゆる可能性を考えさせられました。

原因もわからず次々と死体にかわっていく登場人物たち。恐ろしすぎてペンションの廊下を歩くこともできません。

後から考えると、「人が次々と死ぬのは人間の仕業」という情報がなかったことはこんなにもプレイヤーを恐怖にさせるものなのだと思いました。

そして、弟切草の先入観。
かまいたちの夜は弟切草とはかなり違うタイプのゲームだったのです。

弟切草は途中にでてくる選択肢で、どの選択をとってもそれなりに最後には話を解決したことになりました。
エンディングとして物語を終えることができます。

しかし、かまいたちの夜は事件解決のための正しい選択をとらないとBADENDとして物語は解決しないまま終わってしまいます。

弟切草と同じような感覚でプレイしていた私は、まずは恋人に殺されるBADENDにたどり着きました。

2回目は選択肢をちょっと変えてみました。
そうすれば弟切草のように全く違ったお話になるんだと思っていたからです。
しかし、展開は殺人事件のお話になり、同じように恋人によって殺されました。

弟切草のように毎回選択史を変えながらフンフン♪とさまざまなストーリーを楽しむものではありませんでした。

一度事件を解決すれば、スパイ編や幽霊編のような別の世界の話を見ることはできますが、まずはメインのミステリー編である
殺人事件を解決する必要があったわけです。

というわけで、「弟切草と同じタイプという先入観」がゲームのクリアに影響をあたえてしまったのでした。

これらのことのおかげでかまいたちの夜は、私が今までにしたゲームの中で一番怖く感じたゲームであります。
そして、最もおもしろかったゲームのうちのひとつだと言えます。恐いだけじゃなくておもしろいんですよ〜

怖いゲーム
チビリそうになった恐怖のシーン

面白いゲーム
懐かしいゲーム・怖すぎるゲーム・難しすぎるゲーム

ミシシッピー殺人事件
ある意味ものすごく怖いゲーム

サウンドノベル・ノベルゲーム いろいろ紹介
学校であった怖い話 晦 つきこもり 街〜運命の交差点〜 弟切草
夜光虫 最終電車 あかずの間 19時03分上野発夜光列車
月面のアヌビス ざくろの味 帰らずの森 他いろいろ

  

スーパーファミコンソフト
僕らが育ったスーパーファミコン時代
TOPへ