スーパーファミコンソフト
僕らが育ったスーパーファミコン時代
TOPへ

 

    
スーパーファミコン
  
僕らが育ったスーパーファミコン時代
  

 

スーパーワギャンランド

怪獣型のかわいいキャラ、ワギャンが活躍するゲーム。いろんなミニゲームで構成されていました。

その中にモザイク当てというゲームがあって、モザイクの向こうに隠れた動物は何か当てるというものでしたが、その動物はこの世界特有の絵で描かれたカワイイ動物なので一度も見たことがない場合は、はっきり言ってわかりませんでした。何回もやるうちに覚えていくのですが。

しりとりゲームもありました。
絵が書いてあるパネルがたくさん用意されていて、それらを使ってしりとりをするのです。

例えば、月の絵が書いてあるパネルなら、つ、のときは「つき」、る、のときは「ルナ」として使用できるのです。む、のときに「ムーン」として使ったら負けですね(そんなのあったっけ?)。

ところで、ワギャンって昔スーパーの屋上などにある子供用のゲームコーナーで見た記憶があります。
大きい声を出すゲームだったように思います。

スーパーファミコンソフト
僕らが育ったスーパーファミコン時代
TOPへ