おもしろいゲーム

  

スーパーファミコンソフト
僕らが育ったスーパーファミコン時代
TOPへ

 

    
スーパーファミコン
  
僕らが育ったスーパーファミコン時代
  

 

ウルトラマン

ウルトラマンが怪獣と一対一で戦うアクションゲーム。

怪獣と戦うとき、いろんな技でダメージを与えていくのですが、とどめは必ずスペシウム光線でささないと倒せないというルールになっていました。

ウルトラマンがスペシウム光線を放つにはエネルギーをいっぱいにためる必要があります。
そのエネルギーをためるのに結構時間がかかりますが、ウルトラマンが戦えるのは3分間です。
エネルギーがたまりきらないうちに3分経過してかっこ悪い負け方をしたり。

私は宇宙忍者バルタン星人との戦いが好きでした。
バルタン星人の登場の仕方も好きですし、分身の術もしてきて敵ながらあっぱれ。

ゲームはただ順番に怪獣と戦っていくだけですが、ちょっとしたストーリーも楽しめました。

ジャミラの時だけ倒した後悲しい音楽になったり、(ジャミラは仲間が怪獣になってしまったもの)
メフィラス星人の時は勝敗がつかず、もう戦いはやめにしないか?みたいな展開になります。

そしてゼットンの時は特別なミニゲームもありました。

なんかこのソフト、当時の他のソフトより価格が安かったように思います。

怖いゲームの紹介

スーパーファミコンソフト
僕らが育ったスーパーファミコン時代TOPへ