ファミコンソフト
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ

  

ファミコン

ファミコン時代

アスキースティック L5

片手で使えるコントローラ。

筒状になっていて、左手に持ち、親指で十字キーを操作し人差し指と中指でAボタンBボタンを押すようになっていたと思います。

私は雑誌でアスキースティックの存在を知り、RPGやアドベンチャーゲームが好きなので、コレは使えるゾと思って購入してみました。

右手でお菓子を食べながらゲームができてしまうのです。

普通のコントローラだとお菓子をつまむたびにコントローラから手を離さないといけない上に、そのお菓子がポテトチップスであろうものなら、その手で触ったコントローラのボタンが油でヌルヌル!なんてことになりがちですが、そういう心配がないのです。

しかし、このスティックはアクションゲームには向いていません。
やってみたら異常に難易度が高くなってしまいました。

遊びに来た友人がアスキースティックを触って、

「これ、すごく使いにくくないか!?」

と言っていましたが、彼はスティックを右手に握っていました…。

ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ