ファミコンソフト
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ

  

  

ファミコン時代

ファミリーベーシック伝説

あなたは覚えているだろうか?
いや、その存在を知っているだろうか?

その名もファミリーベーシック。

任天堂のファミリーベーシック入門

ある日、部屋の片づけをしていました。DVDやCD、が当たり前となった時代、引き出しに並べられたいくつものカセットテープを発見して思った。

「あ〜このカセット大事にとっておく必要あるのかな。」

そこに敷き詰められていたのはすべて、今は使わなくなったけど昔聞いてた音楽のカセットテープ。

いや、ちがう。

その中には形こそ同じカセットテープですが、音楽が入っているのではなく、別のラベルが貼られたカセットテープが混ざっていました。

ラベルに書かれていた言葉は「○○の大冒険」
(○○の部分は私の名前)

そう、これははるか昔、ファミコン登場時代の周辺機器、ファミリーベーシックのバックアップテープなのでした。
このゲームは私が自分自身を主人公にして作ったおバカなRPG風のゲームでした。

9章ぐらいの章立てになっていて、主人公はヘンテコな世界を壮大に冒険をするのです。1章が10分ぐらいで終わります。クリアするごとにカセットから次の章を読み込みます。そんな感じのふざけたゲームでした。

まだ残ってたのか・・・
そして私の頭には当時の思い出がよみがえる。

確かファミリーベーシックはドラクエ3と同時に手に入れました。発売したのはドラクエ3の方がずっと後で、ドラクエ3が出る頃にはファミリーベーシックの話題は古すぎるぐらいです。

ファミリーベーシックはその時点では、近所の小さなお店では在庫がなく、取り寄せしないと手に入らないぐらいマイナーになっていました。

それでも私はどちらも同じぐらいほしかったです。
誕生日かクリスマスか記憶にないが、うまいこと親に頼んでこの二つが手に入ったときの感動は忘れません。
学校から帰ってきたらファミリーベーシック本体の大きな銀色の箱が机の上に置いてあったときの興奮は今でも覚えています。

電源を入れると「ワタシハファミリーコンピュータデス」とか表示されて、ファミコンと話ができました。

ファミリーベーシックは自分でプログラムを打ち込み、好きなゲームを作成することができるすばらしい機器です。
最初は本に載っているプログラムをそのまま打ち込んで遊んでいたけど、そのプログラムを改造したりしているうちに自分でゲームが作れるようになりました。

しかし、せっかく作ったゲームも電源を切ると消えてしまう。
自分で作ったゲーム(プログラム)は、単三電池を2本使用した上でやっとひとつだけ保存できるという程度でした。

これではたくさんの自作ゲームを保存することができません。せっかくの機能が泣く。
というわけで、データ記録用のデータレコーダを購入しました。価格が9800円と、小学生には厳しい金額でした。
しかし、年に一度のお年玉か何かで迷わず買ってしまいました。

データレコーダではカセットテープを用意してピーガー!と言う音を毎回聞きながらプログラムを保存するのです。当時のパソコンと同じです。

それによりいくつものプログラムを保存することができるようになったのですが、まだ問題がありました。

ファミリーベーシックのプログラムは、作れる容量が決まっていて長いプログラムを書くとすぐに容量を超えるのです。

でもV3というソフトを使えばもっと長いプログラムが書けました。だからV3も手に入れました。9800円。きつい。V2もあったようですが、よく知らんです。

ファミリーベーシックV3

これでもっとすごいゲームが作れるゾ!と喜んだものです。しかし、私にとってファミリーベーシック最大の欠点と言いたい、絵が描けないという点は問題でした。

決まってるんですよ。使える絵が。キャラクタはマリオとか飛行機とか。

それでも容量をフルに使って規模の大きなゲームが作りたかったので、お話を章立てにするなどしてがんばりました。
そしてできあがったのが、最初に記した○○の大冒険でした。

今は本体がないのでカセットはあるが遊ぶことができません。ていうかカセットの中のデータが生きてるのかも不明。

まあそんなわけで、ファミリーベーシックは私にとっては思い出の周辺機器であります。今はもう残ってはいないけれど・・・。

現在は簡単にゲームを作る環境があって、当時とは全然違いますね。すばらしいことです。

ちなみに○○の大冒険は2もあります。なんと絵がでる。
PC9801で作ってあって絵はシロクロですけど。

ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ