ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ

ファミコン本体

  

ファミコンソフト

ファミコン時代

ゼルダの伝説

ディスクシステムが発売し、お店に予約してディスクシステム本体が入荷されるのを待ちわびた日々。
ついに我が家にディスクシステムがやってきた!
その時に買ったソフトがこのゼルダの伝説です。

実は、わたくし本当はスーパーマリオブラザーズ2がほしかったのですがソフトが売り切れてまして、仕方なくこちらのソフトを選んだといういきさつがありました。

しかし!いざやってみたら、ゼルダの伝説はとてもよくできたゲームで名作だと思います。

主人公リンクがゼルダ姫を助けるために魔王ガノンを倒しに冒険に出るというストーリーです。
世界中にある地下迷宮を攻略しつつトライフォースとかいう黄色い三角の物体を集めるのです。

「デグドガ ニハ キライナ オト ガ アル」

のように世界中のいたるところにいるじーちゃんばーちゃんがカタカナでヒントをくれました。
デグドガってのは迷宮のボスの一人なのですがこいつは笛の音を聞くとちっちゃくなります。

そういや当時放送されたサスペンス劇場かなんかのテレビドラマで、このゲームでてました。

ゲームの世界に閉じ込められた女の子を助けるために、現実の世界でその子のお父さんとお母さんが主人公リンクを操作してゲームに挑戦する話だったと思いますが。
なんかすごい話ですな。もう一度見たい気もしますが。

コントローラにぎってるのはお母さんで、お父さんは攻略本を見ながらお母さんに指示だしてました。
そのときに例のデグドガに苦戦してるシーンがあったのが印象的です。
「コレどうやって倒すの!?」とパニくってました。
あんなに必死にゼルダやる夫婦はドラマでしか見られません。

スポンサーリンク

  

ファミコン時代
僕らが育ったファミコン時代 TOPへ